ねこや・別館

7匹の猫たちの日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ小太郎1 少年時代から膀胱炎を繰り返していた小太郎、一昨年の秋に再発して以来治まっていた。


その代わりと言っちゃなんだけど過剰グルーミングでハゲができていた。
おかげで去年の5月からはベスカラーが外せなくなっている。


当の本猫はカラーにすっかり慣れてしまって不自由なく暮らしているように見える。


そしてこのところトイレにアヤシイ色のおしっこ跡。
色が尋常じゃない。


採尿してもちろん誰が出したか突き止めて病院へ行かなくちゃ!と思っていた。
内心「小太郎だろうな」とも思っていた。


そして案の定、血尿の主はやっぱり小太郎。
だれか判明したので採尿できなくてもとりあえず病院に連れていかなくちゃ。


それにしても小太郎、膀胱炎対策すればアレルギーの皮膚疾患。
アレルギー対策の処方食に切り替えたら膀胱炎・・・いったいどうしたらいいんだろ?

スポンサーサイト

コメント

あらららら…テンション下がるね‥軽くすむことを祈る!

ううう・・・

またやっちゃった。
ごめんなさい。

こたちゃん、心配ですね。
早めに病院いけそうでよかったですね。
長引きませんように。

難しいですね!

小太郎君、相変わらず心配ですね~><。
軽く済んでくれますように(^-人-^)

ミチルさん♪

はい!このところ猫も人も病院通いが続いております(;_;)

チョコひげさん♪

気にしないでね!
一件削除しておきま~す。

この1年ちょっと、小太郎にしては本当珍しく病院に行かないで済んでたんだけど。。
雨が止んだら病院行ってきますね。

きむママさん♪

久々の膀胱炎。
アレルギーじゃ死なないけど膀胱炎放っておくとまずいよね。
また餌を変えなくちゃいけないかしら?

とりあえず病院だわね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nyanhouse4.blog46.fc2.com/tb.php/358-fa273b8a

血尿について-病気の恐ろしさを見るHP

血尿血尿(けつにょう)は、尿に血(赤血球)が混入している事。「赤血球尿」とも呼ぶ。ミオグロビン尿・ヘモグロビン尿とともに、潜血反応が陽性を示す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History L

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

あずき

Author:あずき
7匹の猫と暮らす日々

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

携帯でアクセス

FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。