ねこや・別館

7匹の猫たちの日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も捕獲器に美味しい缶詰めセットして待っていたらかすかにあかねの声。


大急ぎで外へ飛び出してみたらあかね、見事捕獲器に入ってました。


午後5時過ぎでした。


とりあえず元気そうです。


さっそくご飯食べてます。


ただ外の匂いを付けて帰ってきたから他の猫たちの執拗なチェックが入ってます。


もともとおこりんぼのあかね、警戒中。


落ち着くまで少し時間がかかるかもしれないけどこれで一安心。


心配してくださった方、励ましてくださった方、本当にありがとうございました。


また猫を脱走させてくれたら今度は私が家出します。


もう母のやってくれるあれこれに振り回されるのはうんざりです。


風呂場で警戒中のあかね → 9月30日あかね

スポンサーサイト

庭でうんちをしてました、あかね。


呼んだら忙しそうに走って行ってしまった。どこへ行ったんだろう(・・?


そんなに外が楽しいのか?


今朝はおしっこの跡も発見。
多分あかね。


捕獲器にはネットに入れておいしい【MARUHA・黒缶】をぶら下げてある。


今日の猫はピアノの上でくつろぐなな。


ななピアノ ななピアノ1


 

今日は姿を見せてくれないあかね。


でも庭の畑には猫のまるい足跡がいっぱい。


あかねが来てたのかな?
夜中に来てみたけど真っ暗だったしどこからうちに入ったらいいのかわからなかったのかもしれないね。


昨夜はあかねの大好きなかりかりと水を勝手口の外に出しておいた。


今朝見たら減っていたからだれか食べたんだろうね。
あかねだといいな。


でもあまり悠長なことばかり言ってもいられない。
何しろ15歳の年寄り猫。


今日は薄暗くなってきたので捕獲器を仕掛けてみた。


餌を中にひっかけておいてそれ取ろうと動かすとバネ仕掛けで入り口が閉まる仕組み。


中には缶詰めを野菜の入っていたネットにくるんで入れておいた。


捕獲器  ← 捕獲器とあんこ


これは去年あんこが脱走して一週間、近所のお宅の縁の下に隠れてなかなか帰ってきてくれなかったときに、ミチルさんが「使わなきゃそれにこしたことはないけどお守りに持ってなさいよ!」と言って送ってくれたもの。


ミチルさん、その節はありがとうございました。<m(__)m>


3年前にあんこが脱走したときはみこさんにお借りして保護したのだが去年はあんこ、自力で帰ってきたのでこれは納戸に大切にしまっておいた。


うまく保護できるといいのだけれど・・・・・





⇒続きを読む

あかねのことではご心配おかけしています。


たくさん励ましていただいて元気付けてもらって私はとても恵まれているなと思う。


ありがとうございます。


【あかね失踪事件 経過報告】


今朝明け方、同居人のお弁当を作っていたらあかねの声。


あわてて外へ行ってみたものの薄暗くて姿は確認できない。でも声は間違いなくあかね!


そして午後3時過ぎ、一段低くなったお隣の屋根(前回はここで鳴いていたところを保護)を見ながら「あかね~!あかね~!」と言いつつ視線を下に向けたらお隣の庭にあかね\(◎o◎)/!


「あかね!帰っておいで!」と言ったらこちらを一瞥してすたすた行ってしまった。


追いかけたいのは山々なのだけれどこういうときに追いかけるのはかえって猫を怯えさせることになるので我慢。それよりあかねがいたのは3メートルほどの石垣の下。すぐに行けるわけもなく・・


ただわりと元気そうな様子だったのと庭まで来ているので、じきに保護できると(したいと)思っています。



≪セルフ・エリザベス≫


さて!そんなことでちょっとめげそうになっているこの頃、大輔がひとりエリザベスをやって笑わせてくれる。


いい猫だ。


これをやると褒められるのが嬉しいのか、ほんとうにこれで遊ぶのが好きなのか・・多分両方なのだろうけれど、とても楽しいので独り占めしているのはもったいない。そこで一挙公開。


えりざべす1 えりざべす2 えりざべす3



えりざべす4 えりざべす5 えりざべす6


中にはエリザベスカラーと言うより腹巻みたいなのもあるけれど、これ全部大輔が自分でやったもの。


やらせは一枚もありません。(クリックで原寸大になります)


そしてエリザベスといえば小太郎。


今月の14日に【エリ抜けのワザ】 を使ってカラーを自分で外してしまったのでしばらくカラーなしで様子を見ていたが・・・・やはり舐める。執拗に舐める。


後ろ足の裏、前足の内側、内股、後ろ足の外側、どんどん毛が薄くなる。これでは毛のない猫になってしまうので仕方なく今日からまたエリザベス・小太郎に逆戻り。


カラーを付けてもかなりあちこち舐めるこたができるけれど何も付けていない状態よりは多分マシだと思う。


ごめんね、小太郎。    エリザベス小太郎




【また!】やってくれた母。


日曜日、朝からるんるん出かけることで頭は満杯。


不用意に勝手口のドアを開ける・・・・・猫が飛び出す・・・行方不明


これは7月末にやったのとまったく同じパターン。


飛び出したのも同じ、あかね。


昨日何度か名前を呼びながら近所を歩いてみるけど反応なし。


今日も午前中何回か、午後も。


さっきうちの前の駐車場にいたのは確かにあかね。私の呼ぶ声が聞こえたかな?


ところが近所の猫に追いかけられて逃げて行っちゃった。


とりあえず無事が確認できたけど明日は雨になるらしい。


何とか早く保護したい。


駐車場にいた猫。  とらねこ とらねこ1


あかねを追いかけて行ったのはほっそりしたグレイの猫。


この子はとても性格のいい子。声をかけたら近寄ってきたのでしばし遊ぶ。


ついでにあかねに早く帰ってくるように伝言お願いする。


家の前まで来たら玄関脇の窓で大輔が待っていた。
まん丸の目で外を見ていた大輔→
 窓大輔


どの猫も目がきれいなことに変わりはないのだけれど、銀平の目はなんだかすごく気になる。


大きいのか、意志が強そうなのかなんなのかなぜなのか???


写真で見ると他の猫とは何かが違う。


違って見える。


どう違うのかよくわからない。


これからあれこれ考えてみようかと思う。


めだまの銀平1 めだまの銀平2 めだまの銀平3

階段脇の窓から外を見る黒猫二匹。


二匹1  二匹2


同時に同じ方見てるね。何を見てるんだろう?


さて!問題です。


この黒猫二匹はだれでしょう?


ヒントはしっぽの形。


ちなみに黒猫はあんこ、小太郎、銀平、大輔です。


正解は明日発表いたします(笑)


まだ梅雨も明けない頃、大輔が気に入って遊んでいた小玉西瓜をくるんでいたネット、相変わらず気が向くとくわえて2階へ持っていったり、いつの間にか1階に落ちていたり、どうやら一人で遊んでいるらしい。


おかげでこんな【ゴミ】みたいなものがいつまでも捨てられないのだ。


今日はたまたま≪セルフ・エリザベス≫をしているところに遭遇した。
ラッキー


自分で器用に頭を突っ込んでみる→ エリザベスごっこ1


エリザベスごっこ2 ← かあちゃんに見つかっちゃった☆


『今日はおまけつきだよ』  by 大輔

⇒続きを読む



おもちゃのネズミ → 銀と小太郎1


これは一個¥10だった。


もう少し高いネズミは振るとしゃかしゃか音がするのだが、これはなんの音もしない。


しかしなぜかこれを見せた途端野獣になってしまった銀平と小太郎。


銀平はこれを他の猫に獲られまいとするあまりくわえて警戒の目つき、部屋の隅で低く『う~~~~』とうなっている。


じゃあ二個だったらどうするかしら?


そう思ってもう一個そばに置いたら慌てて二個目もくわえてしまった。


銀と小太郎3 「ぼくも欲しいの・・・」 by 小太郎



近付いただけで銀平のパンチ炸裂  銀と小太郎2


銀と小太郎4 遠慮がちに手を出す小太郎


近頃銀平にはかなわない小太郎・・・・この辺りが小太郎のストレスなのだろうか?



今朝ご近所さんが怒鳴り込んできた。


私は風呂掃除の最中で手が洗剤だらけだったので母が応対に出た。


なんでもそのお宅の裏で黒猫が死んでいるのだという。


うちで猫をたくさん飼っていること、半野良に餌を与えていることを知った上で言いにきたらしい。


昨日の夕方からいつもご飯を食べに来る黒猫が来ないとは思っていたがまさか死んでいたとは・・


寒いときも台風のときも頑張って生きてきたけど限界だったかな?


いくらご飯だけはたっぷりあっても外の生活じゃ長生きはできないね。


まだ5歳くらいだったと思う。


 


怒鳴り込んできたご近所さんは、猫をどう処理したらいいのかまったくわからないらしいので市役所に頼めば引き取りにきて処分してくれるはずだと教えてみたものの、なんだか気分が悪い。


怒鳴ることはないじゃないか!自称猫好きじゃなかったの?



いつからだろう?


さつきを保護する前だから10年くらい前だろうか・・うちの庭でひなたぼっこをしたり子育てをする野良猫が来るようになって、毎日欠かさず餌を与えていた。


その中で弱って仕方のない子はうちの子にして育てた。
それがあんこと去年亡くなったさび。


一時は10匹ほどの大所帯になってどうしたものか、真剣に悩んだが、結局近親交配が進んでしまったらしくさびと今日の黒猫以降は子猫が生まれることもなくいつの間にか誰にも知られることなく死んでいったらしい。


これで10年続いた外猫一族とのお付き合いが終わった。


お別れはいつも寂しいね。


今頃先に逝ったおにいちゃんやお母さんに会えているかな。


ぼく  なんにもしてあげられなくてごめんね。



PC部屋についてきた大輔、気が付いたらこんな格好で寝ている。


寝姿1


 




なんだかシジミみたい。


色も黒いしそろえた細い前足がシジミの出水管入水管みたい。


テーブルの足、邪魔じゃないのかな?


正面から見たらこんな顔。寝姿2
こんな格好。


眠くなったらどこでもどんな格好でもお構いなしなのはまるで子猫。


寝姿3 しばらくして見てもやっぱりこの格好のまま。





昨日の土曜日、夕飯の支度を始めようとしていたら姉から電話。


「魚取りに来てね♪」


というわけで早速もらってきました。


箱を開けたら大きな金目と小さなイサキ。


大急ぎで走ってきた大輔。大輔は魚が大好き


さかな3  ← 「かあちゃん、いいにおいだ!」


「ちいさいのいっこちょうだい!いいでしょ?」さかな2


略奪を試みる大輔。


もちろん私に叱られる。


「あとであげるから。待ってなさい!」


さかな1


↑ 本当にもらえるのかどうか心配している大輔。


階段下で仲良く並んでこちらを見ている。さつきとはなこ1


さつきとはなこ2 

カメラを持って近付いたら一緒にそっぽを向く。


二階で物音がしたら仲良く見上げる二匹。
普段は全然仲良しじゃないんだけどどうしちゃったんでしょ(笑)


さつきとはなこ3






梯子を下りる大輔。   梯子大輔


相変わらず器用に頭を下に向けて下りてくる。



探検銀平 探検大輔


ピアノの中を探検中の二匹、銀平と大輔。


はっと気が付いたら大輔が隙間から中に入ってしまったので仕方なく上蓋を開けたら銀平も見にきたところ。




      抜け殻 ← 小太郎の抜け殻。


昨夜【エリ抜けのワザ】を使って外してしまった。

今朝起きたら床に転がっていたエリザベス・カラー。


久しぶりに見るカラー無しの小太郎、とてもハンサムだ。


06may12.jpg


また執拗に舐めて舐めて舐めて、毛がなくなるまで舐める行為を繰り返すのだろうか?


痒いところにどうやっても手が足が舌が届かない状態は見ていて本当に辛い。


このまま少し様子を見ようかと思う。







すごいでしょ?この顔→ 獲物1


たまたまベランダでホースにからまって遊んでいた大輔に【あるもの】を見せたときの反応。


獲物2  これも同じ。

⇒続きを読む

相変わらずエリザベスな小太郎。


舐めすぎるクセは一向に改善されない。


カラーを付けていてもきちんとあちこち舐めてしまう。


そんな小太郎、実はすごい甘ったれ。


今も私の膝の上でごろごろごろごろ・・・自分を舐めるだけじゃない。


カラーを舐める私の顔を舐める手を舐める。


そしてこんな顔をして見上げて催促する。


膝小太郎




「かあちゃん、あごなでて!」


居間の酔っ払い箱に銀平が入っていた。


このまま近くに置いてあるネズミのおもちゃを捕ろうとしている。


箱銀平1 箱銀平2 


見ていたら上手に爪でひっかけて持ち上げて弄んでいる。


箱銀平3 箱銀平4 


銀平としては【弄んでいる】のではなくて【狩りをしている】つもりかもしれないが、実のところはわからない。


 


箱銀平5 箱銀平6


このネズミのおもちゃ、銀平となながしょっちゅう【狩り】をしているのでもうぼろぼろ。


新しいネズミ、補充してあげなきゃね。


朝起きたとき、昼間何かを取りに、夕方猫たちのご飯や人間のご飯の支度をするために階段を下りていくと必ず先回りした大輔が待ち構えている。


本猫は多分隠れているつもりなんだろうけれどこちらからは丸見え。


待ち伏せ1 待ち伏せ2 待ち伏せ3


かなり真剣な表情。


私の足に【ちょいちょい】と前足を出して引っかく真似をする。


「おお!びっくりした !」と驚いてみせるとキッチンへとことこ走っていく。


これを≪待ち伏せごっこ≫と言って毎日大輔に遊んでもらう私。 

このところの蒸し暑さはたまらないわね。 残暑1


2階は少しは涼しいかと思って来てみたんだけど全然変わらないじゃない。



モモコ0804  


モモちゃんは痩せてるけどやっぱり暑いのかしら?


3キロないって本当?ちょっと痩せすぎよね・・・・



残暑2


あたし、近頃少しは痩せたと思わない?ねえ、かあさん。   

                 by さつき

 






銀1 くっきりした横顔。好きだよ


鳴き声がボーイソプラノみたいに甲高いの。顔からはちょっと想像できないかもしれないね。


でもね・ドラえもんじゃないけど耳がきちんと写らなかったらすっごくヘン!


ほら!猫じゃないみたいでしょ? 耳1



アザラシみたい?笑ってください。なんかヘンだよ~~!って。


銀平の名誉のためにもう一枚。 耳2


え!!これも何だか変??????どうしましょ(・・;)








この黒猫はだれでしょう? →     クイズ2


簡単だった?



クイズ1  ← じゃあこれは?



この二匹はだれとだれ?→ クイズ3


クイズ4  ← 最後はこの猫。

⇒続きを読む

猫たちはベランダが好きだ。


昼でも夜でもお構いなしにベランダに出たがる。


室内が蒸し暑い日の夜の外気は涼しくて気持ちがいいらしい。


虫が入るのが嫌なのでベランダと居間の境の窓を網戸にしておくと器用な猫たちのだれかが開けて外に出ている。


そんな猫たちの様子。


夜猫1


  


ダウンライトの明かりに浮かび上がる黒猫トリオ。


左から銀平、小太郎、大輔。



薄暗いところだとぶれてしまうのでストロボを使って撮影。


夜猫2 夜猫3 夜猫4


大輔、小太郎、ホースが気になって仕方がない銀平。
昼間は何の興味も示さないホースも夜だと特別なものに見えるのか?







残暑の厳しかった9月5日、またまた都内へ出かけて参りました。


今日はもうひたすら用事を済ませてさっさと帰宅・・・だって約束もないし、もーれつに暑かったんだもの。


都心の交通機関、主に地下鉄はどこもかしこも涼しい。
昔は地下鉄って夏は異様に蒸し暑かった記憶があるけど、いつからだろう?車内も駅も駅と駅の間も超・涼しい。半袖1枚じゃ寒い!

従って目的地に着いて地上に出るなり暑さで【くらっ!】とくるわけだ。


まあ、そんな都内から帰宅してみたらベッドにあんこ。


可愛いよ~!・・・・ほら!ね?


azu1 
動いちゃダメだよ。ちゃんと写真が撮れないから。


ね!少しでいいからじっとしててね。azu2


そうそう、おすまししてみんなにあんこが可愛いところ見てもらわなくちゃ! 


azu3  azu4


 ・・・・でやっぱり最後はこれ?azu5




このところ少し秋らしくなって過ごしやすい気候になったと安心していたら今日はまた蒸し暑さがちょっと戻ってきた。


PC部屋、楽器が置いてあることもあって湿度の高い日は締め切って除湿している。


そうしたらあえて日向で寝るなな。 至福1


肌寒い?でも設定28度だよ。寒くはないよね?


ともあれ近寄ってみたらすごくいい表情。見た瞬間ななの【至福】の時だと思った。


至福2  思わずそばで一緒にごろり、ころがる。


ななの至福を分けてもらう。  私もしあわせ。


ベッドで1  ← きりっとした顔の大輔。


ときどきドラキュラ顔になるけどこうしていればなかなかの美少年ではないか!

⇒続きを読む

この黒猫はいったい誰でしょう?    黒猫クイズ1



⇒続きを読む

昨日の朝、らぶりぃ・あんこの写真を撮りながらふと足元を見たらしゃかしゃかトンネルから黒い手が出ていた。


おもちゃ1  細い前足の少し先にはネズミのおもちゃ。


トンネルに隠れてこれを狙っていたらしい。 おもちゃ2


ここまで堂々と【頭隠して尻隠さず】の様子はちょっとまぬけかも・・・しかも本猫・大輔は大真面目。


この表情  おもちゃ3 おもちゃ4


トンネルから出てきて真向からネズミと勝負すればいいだろうと思うのは私だけ?


何気なく猫たち見ていて何気なく写真を撮っていて、対象にしている猫がたまらなく可愛らしく思えることがある。


もちろん一緒に暮らしている猫たち、いつでもどんなときでも可愛いのだが、「あ!この可愛いところ、たまらない」だとか「ああ、これ写真に撮っておかなきゃデジカメ持ってる意味ないよ!」なんて思える瞬間がある。


今朝のあんこがまさしくそれ!


もう仕草一つ一つが愛らしくて可愛らしくてどんどん写真撮りました。


実はこの子写真写りがあまり良くない。


同じ黒猫でも雄3匹はかなりビジュアル系なのにね。


でも今朝はほんと、可愛らしく愛らしい写真が撮れたので今日は「あんこ自慢」


0931an1 ね?なんだか愛らしい表情。
こうなるとハエを追いかける姿も愛らしい!!
0831an2
0831an3  ベッドで。左・あんこ、右・大輔
20060831181536.jpg 0831an4 


ただ寝ているだけなのにこの姿、たまらなく可愛い  (←親ばか)


0831an5  

08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あずき

Author:あずき
7匹の猫と暮らす日々

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

携帯でアクセス

FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。