ねこや・別館

7匹の猫たちの日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お気に入りのトンネルに入ってる大輔。暑くても全然気にしない。


上半身だけ出して右を見たり      migi


hidari    左を見たり・・・・何してるの?


これに入っているときはなんだか楽しそう。


最後は正面!ちょっとびっくり顔      center


スポンサーサイト

とても暑い一日だった。


今からこれでは今年の夏はいったいどのくらい暑くなるのだろうか・・・


さて、ビールの友に枝豆を茹でた。


食卓に出そうとキッチンのカウンターに置いておいたら大輔がチェックしにやってきた。


edamame1  ←   においをかいでみる。


「 かあちゃん 、これなんだ?」       edamame2


edamame3   「何だかわかんないけど気になるぞ!」


手が出たのでさすがの私も「大輔!だめ!」と叱る。
大輔は野菜で遊ぶのが好きな猫なので放っておくと枝豆は家中に散乱してしまう。


叱られたのがわかったのか、すかさずあらぬ方に視線を移す大輔。


「ぼぼ・ぼく、なんにもして ないもん」       edamame4


このとき肉球にいっぱい汗をかいていたかもしれないね





ankotaro1  


 梅雨の晴れ間、日の当たる窓辺ででまったり過ごす小太郎とあんこ。


これが寒い季節のことなら『日向ぼっこ、気持ちよさそうね』って言えるんだけど今は6月。
真夏日にはならなかったものの気温は25度は超えているはず。


それでも日向が好きなのだろうか?  


見ているこちらがなんだか汗ばんでくるというのに、のんびりまったり・・・


表情もなんだか気持ちよさげに見える。    ankotaro




この場所で・・・・自室のPC前の椅子に私が座っているときだけ、膝に乗って際限なく甘えてくつろぐ小太郎。


なでてやると気持ち良さそうに喉を鳴らしながら同時に私の手を腕をざらざら舐めてくれる。


すごい格好で「かーちゃん、なでろ!」と指図しているところ。
    ↓


kutsurogi  なぜか他の場所ではこんな格好は絶対にしない。


ここにいるときは私がくつろいでいるのが小太郎にもわかるのかもしれないね。


ちなみに小太郎の左側に見えている白っぽくて太い物体は私の腕です(笑)


ベスカラー、復活させて6週間。


近頃ではカラーを付けたまま器用にお腹や後ろ足の付け根あたりを舐めるワザを習得してしまった小太郎・・・・ダメだよ!
そんなことではいつまで経ってもハゲが治らない、カラーが外せない。


本当は早く外してやりたいんだけどね。


tsumekiri    大輔の爪はとってもつんつん尖っている。


「猫の爪はみ~~~んなとんがってるのよ!」なんて言われそうだけど大輔の爪は格別つんつん尖っている。


夜、私が寝ている間に手にじゃれて遊んでいるらしくいつの間にか引っかき傷がついていたりするからたまらない。
そんなことをされても目が覚めない私も私だけれど(笑)


そこで大輔の爪を切ろう!と思い立った。


肉球をさわっても嫌がらない猫なのでもしかしたら!と思い、寝ているところでまずはそうっと肉球マッサージ。


OK!大丈夫ね。いよいよ爪切り。

他の猫の爪を切ろうとして逃げられたり大騒ぎになったりしたことがあるのでちょっとどきどき・・猫用の爪切りも何年も前から買ってあったのに2~3回使ったきり。


ところが意外にもおとなしく爪を切らせてくれる。


いい子だね、大輔。


暴れることもなく逃げ出したり嫌がったりしないで前足、後ろ足、全部切ることができた。


こんなことは初めての快挙
他の子もまたやってみようかしら。

カメラの前をすごい速さで横切る猫


もちろん大輔    runingdai


落ち着きのないやつです。


大輔が抱えているのはポリ袋に入ったタオル。towel1


towel2


昨日、ニッセイのおばちゃんが持ってきてくれたタオル、どこで見つけたのかすごく大事そうに抱えている。(獲物のつもり?)


眠くなっても離さない    →    towel3


towel4  「これいいでしょ~!」って自慢してるみたい。


このあとがしがし噛んでくわえてどこかへ持って行っちゃった


何が気に入ったんだろう?あのタオル・・・しばらくしたらポリ袋がぼろぼろの状態で廊下に転がっていた。
飽きたのか?それともただのタオルだって気が付いたのだろうか?

猫のやることは謎だらけ。



先週末ミチルさんちまで遠征したワタクシ、今週もなかなか忙しい・・・昨日、22日、今日23日、予定有り!と言うわけで今日は湘南・藤沢まで。


今日は友とランチだったので何も気にせず楽しく過ごして猫のご飯購入して帰宅・・・みんなばあちゃんにご飯もらったでしょ?


と安心していたらダメじゃん!
帰宅してみたらもらってないらしい子、数匹。もっと食べたい子、いっぱい^^;


嬉しいけど困る状況・・・まあ仕方ないかな?とも思う。


とりあえず食べたりない子もらってない子には餌与えて・・・


写真は美人猫・なな。     nana23


今日は酔っ払い中の大輔の動画です。


携帯でご覧になっている方、回線速度の出にくい環境の方、ごめんなさい。


何となく動きがへろへろしてるでしょ?
これって多分酔っ払ってるからだと思います。


他の子の酔っ払い動画も撮れたら公開しますね。


 


猫にまたたびを与えるとなぜ酔っ払ったようになっちゃうのか。


昨日のブログ、またたびで酔っ払い中のコメントでfloretさんに「なんであんなにふにゃふにゃになっちゃうの?」っていう質問をいただきました。


そういえば今までどうしてなのかきちんと調べたことなかったし深く考えたこともなく猫にまたたびを与えて酔っ払い猫を見て楽しんでいたわたくしです。


そんなわけでネットで調べてみたら・・・・・


マタタビは山野に自生し、初夏に白い花、秋には扁平な実を付ける蔓性の樹木です。この実に虫が寄生して出来た虫瘤(むしこぶ)を木天蓼(もくてんりょう)という名で神経痛、腰痛、リウマチなどに漢方薬として用いますが、猫には使用していません。また、害になることも聞きません。普通の実は塩漬けや焼酎付けにして疲労回復に効果があるとされ「また旅が出来る」という意味からその名が付けられたとする説もありますが、実際には虫瘤をアイヌ語のマタタムプ(亀の甲)がなまってマタタビとなったのだそうです。マタタビは古代から注目されていたのです。


 最近ではマタタビの実や木に含まれるマタタビラクトンとアクチニジンという物質に猫が引き寄せられることが分ってきました。この性フェロモンに似た成分を猫が嗅ぐとかじったりこすり付けたり、更には涎を垂らして気持ち良さそうにします。これは脳の中枢部を刺激して運動神経を一時的に麻痺させるのだそうですが、見ていると麻痺というより陶酔している様に伺えます。そして常習性や持続性はなく、10~20分程で飽きると何事もなかったかの様に立ち去り、また忘れた頃にマタタビに反応します。


 マタタビは山野に行かなくてもペットショップや漢方薬局で入手出来ます。キウイもこれに準じた作用があるのは、中国から台湾にかけて分布するシナマタタビが20世紀初めにニュージーランドに渡って改良されたからです。しかし、キウイ畑で猫が集まって喜ぶ光景は見ません。中国では漢方薬として使われているものの猫にマタタビはしません。と言うか、あえてその様な用い方はしないのです。欧米ではシソ科のキャットニップがこれに類似するのでしょうが、こちらは酩酊するまでには至らず、むしろハーブの効果を楽しんでいるかの様です。


ということがわかりました。
性フェロモンに似た成分のおかげだったんですね。


だから若い猫、おとなしい雌猫はあまり興味を示さなかったりするのも納得です。


ginpei0621  ← 酔っ払い中の銀平



またたびと猫の記述は【谷中自然史博物館】web版ネコ学講座第15回・猫にまたたびを参考にさせていただきました。




留守番していた猫たちへのお土産は【またたび】


ミチルさんのお家の近くに自生してたのをどっさり刈り取ってきた。
ペットショップやスーパーで売られているまたたびは10センチくらいの木切れだけれど、山に生えているまたたびはツルになっている。


さて車から降ろしてリビングに持ってきたら・・・・matatabi1


早速群がる猫たち、上から銀平、小太郎、はなこ、あんこ


他の猫も次々見に来る。


matatabinana  ←なな




                                                             


 さつきも興味深々 →            matatabisatsuki


matatabihanako ←早くも酔っ払ってるはなこ 床はヨダレでべとべと


 matatabigin  matatabidaisuke matatabikotaro


葉と茎を分けて茎は陰干しにしておくために2階のベランダに移動したらぞろぞろ付いてきた黒猫ブラザース。
左から銀平、大輔、小太郎。


matatabimomoko ← 長老モモコも酔っ払い中


猫大好き・またたび、いつでも好きなときに酔っ払えるように作ったのがこれ。


名付けて【酔っ払い箱】 →  matatabi2  
猫にちょうどいい大きさです


【酔っ払い箱】のまたたびに乗って寛ぐはなこ  yoppa


yoppaakane  「あたしもこれ好き!」 ← あかね









 


 


 


6月17日朝、出かけようとしたらこれです。
大輔が乗っているのは道路地図やCD、i-Pod 入れたトートバッグ・・・
後ろの箱はお土産の魚。



odekake


そして早朝には脱走した猫、一猫  odekakehanako
無事保護できたので一安心。


しかし二猫とも私が出かけるってわかってやっているのだろうか?


 


そして車で向かった先は山梨県のミチルさんのお宅。
ねこやからは3時間弱の道程。


ロバの銀花ちゃんや  ginka


たくさんの犬(6頭を代表してメグちゃん)  megumi


たくさんの猫(10匹代表でQ太郎)たちに出迎えられて  

 
qta


もちろんミチルさんやご主人、ムスメの野々ちゃんにも大歓迎されていっぱい楽しんできた二日間。


みんな留守番、お疲れさま。
留守中は脱走したり食べ過ぎたりしないでみんないい子でいてくれてありがとう。


お土産はどっさりのまたたび。


お土産篇は次回です。
お楽しみに♪


 


今日は出かけてくるから大輔、留守番お願いね。


お兄ちゃんやおばさんたち、いじめちゃだめだよ。




銀平もよろしく!


明日の夕方には帰ってくるから。


ごはんはばあちゃんにもらってね。


ちゃんと頼んであるから。



そんなわけで行ってきま~す♪

相変わらず私のPC前の椅子が大好きな猫たち。


隙あらば占領しようと狙っている。


うっかり椅子を離れたらさっそくこれ。



でもこれストレッチしてるみたいに見えるね
(足短い!^m^)


そして相変わらず細長い。


疲れきって寝る格好もやっぱり細長い


せっかく動画の撮れるカメラを使っているのだから【動く大輔】も公開です。


動画画面の貼り付けが一瞬わからなくて少し手間取りました。


しかし!もう大丈夫。


多分これで理解できたと思うのでこれからは動画もアップしますね。


画面左下の三角マークをクリックすると再生できます。
見てね!


 






まだあどけない表情でそう言ってるみたいな写真でしょ?




微妙に色合いが違ってどの子も目がきれい。


そのうち【猫の目特集】してみたい


そのためには猫たちがちゃんと静止して写真撮らせてくれるかどうかが問題だよね。





大輔:「ななちゃん」

なな:「・・・・・・・・・・・・」




大輔:「ねえ、ななちゃん、何してるの~?」


なな:「うるさいわね!あんたには関係ないでしょ。ほっといてちょうだい!」




大:「じゃあね、ぼくもいっしょにごろん!」


な:「うっざいわね~!そばに来ないでよ!」


憮然とした表情のなな。
わけのわからない大輔のコンビ。


ねこやの昼下がり。


<クイズ>


大輔の顔に付いている粉はなんでしょう?

⇒続きを読む



眠くて仕方がない大輔。


こうしてみると変な顔。


そしてやっぱり懸念していた通り、鼻、長いね。


お腹のゆるい猫がいる。


それも3~4日前から。


トイレを掃除するたびに気が付いて誰なのか気になってはいるものの多頭飼いのやっかいなところ、現場を見つけない限りわからない。


こういうときに限って私の見ていないときばかりうんちをしてくれる。


特に食欲がなかったり元気がない子がいるわけではないので気長に観察するしかなさそうね。


仲良く階段の窓から外を見てる銀平(左)とあんこ。
気になっているのはす・ず・め


さんざん遊んでバッテリーが切れかかってる大輔が床にごろり。


一緒にごろり転がって写真を撮る。



角度を変えてもう一度



ドラキュラみたい。牙が出てる


上から見たらこんな格好。



細長いね。


このまま細長い大人になるのかな?


いつの間にか小太郎と同じくらいの大きさになっちゃった。
まだ9ヶ月だからもっと大きくなりそうね。

夕飯の支度をしていたらガス台にお鍋の蓋を落としてしまった。


ホウロウのガス台に金属の蓋、大きな音に驚いて小太郎が一目散に逃げて行った。


たまらなくうるさかっただろうね。


集音装置みたいなベスカラー着けられているんだもの。



舐めすぎで出来たハゲ、ずいぶん毛が生えてきたけどもう少し我慢。
きちんと毛が生え揃うまでカラー着けていようね。


先月もうっかり大輔に入られちゃったのにまたです。



ウカツなわたくし。


ダメ!って言われても入ってみたい。
狭い隙間があったらとりあえず入ってみたいのが猫。



もちろん中でくつろがれちゃ困るので上蓋全開。


匂いをかいでみたいりあれこれ忙しそう。



写真なんか撮ってる場合じゃない?
確かにそうなんだけど捕まえようとすると逃げる。
とりあえずピアノ線のないところにいるので仕方なく写真・・・この後、大輔を捕まえてピアノの蓋を閉めたのは言うまでもないことです

毎晩毎晩私の足をちくちくひっかいている猫はどうやら大輔らしい。




だって指先隠してるでしょ?


「ぼぼぼく、つめのびてないもん」  なんて言ってるのかもしれないね。

朝起きると足がちくちくする。


よく見ると小さいひっかき傷がたくさん


夜中に誰かが私の足にと勝負してるのは知っているけれど、余程ひどくひっかかれたり噛み付かれたりしない限り、そのまま寝ている。


そして朝になると足には小さいひっかき傷なわけだ。


こんなにちくちくする爪の持ち主は多分この猫。

⇒続きを読む

これが大輔、目がまんまる♪



こちらが黒糖さんにいただいたジジ・・・もちろんぬいぐるみ。
目が大きい!



なんとなく似てるかも・・・

生暖かい初夏の昼下がり
もう猫たちは電池切れでみんなそれぞれ好きなところで充電中


ソファでやたら細長くなってる大輔発見



ここまで無防備になって大丈夫?
なんだか心配になってしまうワタシでした。

テーブルでくつろぐ大輔



とっても器用。


きちんと伏せておいたボックスティッシュもこの通り



とっても器用な猫だ。


05 ≪│2006/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

あずき

Author:あずき
7匹の猫と暮らす日々

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

携帯でアクセス

FC2ブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。